Browsing: レビュー

電子タバコ新手入門、電子タバコの仕組み、部品及び選び方を習うこと

電子タバコ新手入門章——電子タバコとリキッド 1:電子タバコとは何か、それによってタバコを止めできるか 電子タバコは電気エネルギーによって抵抗線を短絡させてリキッドを蒸発して煙を出したデバイス であり、電子タバコは燃焼タイプのタバコを完全的に代わできるが、タバコを止めできかどうかは生活習慣とニーズに決める。 2:電子タバコは有害な物質があるか、リキッドは有害な物質があるか 電子タバコを使った材料とリキッドの成分から見れば、電子タバコは燃焼タイプのタバコよりもっと健康と安全であり、鑫さんは今までファイバーロープはうっかりして体に入るなら、その影響はまだ分からない、それ以外に他の非安全要因はないだと思う。電子タバコから生じた煙は水蒸気に属して、何の有害物質とスモークタールもないので、分煙からの汚染がなくて嫌な臭いがない(リキッドの質が悪くない限る)、エアコンルームで何の変な臭いもない。3:リキッドの成分は何か、電子タバコの働き方はどう? リキッドの成分大体はグリセリン、プロピレングリコール、フレーバーy或いはスパイス、ニコチンなどがある。ニコチンは体で留まる時間は4~7時間ぐらいであり、その後、新陳代謝に伴って排泄された(小便)。電子タバコの働き方はとても簡単、抵抗線で導油材料を巻かれて電池を使って抵抗線(発熱糸)に電力を提供し、短絡させて生じた熱量はリキッドから出した煙を蒸発させる。 電子タバコ初学者入門、電子タバコの仕組み、部品及び選び方を習うことー1 電子タバコ新手の認識——アトマイザー 、可変電圧式のデバイス…

VOOPOOに出品されたDRAG 2つバッテリーの主体機の体験とその評価

はじめまして、電子たばこのファンのvape豪です。24ミリのアトマイザーの普及と様々なコイルの輸出によって、2つバッテリーのワット数の大きい主体が充分に利用されています。大手メーカーに生産されたワット数の大きい設備が単純にワット数に工夫するだけでなく、むしろよりよいアウトプット性能を求めつつ、ユーザーのニーズに応えます。この間、VOOPOOに発売された2つバッテリーを持つDRAG主体は、最大のアウトプットが157Wであります。まっすぐな亜鉛合金の主体がすごく魅力的、そのスタイルが好きなユーザーにしてみれば、外見だけですごく興味が引かれました。でも、そのまっすぐな形にはちょっとした短処もあり、それを手にする時ちょっと固いと感じます。主体の中の枠における線条は主体をもっと美しくて堅く見え、大きな押しボッタンスイッチは高い圧力に堪えることができ、押し返す響きもはっきりして、いい押す体験になります。それだけではなく、内側に凹むデザインは画面が破損されない保護になります。それに、画面が大きいので、見やすくて操作がとても便利です。主体の先端にある210接続口が多くの場合に対応でき、528などの陽極が長いアトマイザーに接続してもうまくできます。接続口の先端にあるトレーの線条もある程度でアトマイザーと接続口の間の摩擦を増やして、主体の美感も添えます。でも、主体のデザインと構造で、24ミリのアトマイザーに接続する時、先端の果てがちょっと突き出すように見えます。DRAGの電池カバーが2つ大きい強磁性体で主体と繋がり、ラジウムの彫刻文字のようなバッテリー表面と主体の接続がとても安定です。電池ケースも細工して作りました。電池カバーと電池ケースの絶縁層が主体の安全性を高めました。電池カバーの先端における接続点の弾力が強いので、バッテリーを入れた後通電し続くことができます。設備の操作がとても簡単で、アトマイザーに接続すると主体がまず新旧コイルを確認して、ユーザーが選択してから自動的に適応のアウトプットワットに変換します。初心者にとっては、とても便利なことです。スイッチを3回押すと、工率、コイルの材質と温度モードの転換ができます。温度モードのもとに、スイッチを4回押すと、アウトプットのワットが調整できます。押すの回数を変えることによって、メーニューに入り、TCR、M1からM5までの機能が調整できます。ボタンをロックしたり、画面を見たりすることもボタンの組み合わせでできます。主体に載せたGENEチップの操作が簡単で、しかもコンピュータのソフトウエアによってユーザー定義とチップの機能調整ができます。ソフトウエアで設備の工率曲線と温度曲線が簡単に調整できます。客観的に言えば、GENEチップはよく使われている機能を全部主体に任せて、夢中な機能をソフトウエアに任せることになり、役割の分担が明確でユーザーにとって使えやすいです。 DRAGに載せたGENEチップがユーザー定義と操作に注目するとともに、点火スピードも速いです。RHINOコイルを使って実験しても、DRAGが相変わらず点火スピードが速くてアウトプットの強度も高いです。すごく有力であり、普通の電気抵抗が小さいNI80コイルと様々なコイルに対して、DRAGがアウトプットのニーズに堪えることができます。 DRAGの主体がまっすぐで堅く見え、丁寧に作られました。でも、手で持つ感じと24ミリのアトマイザーに組み合わせる時の協調性にちょっと不足があります。速い点火スピードと爆発力で日常の油液アトマイザーの主体としてはふさわしいです。チップの操作とユーザー定義が、初心者にとっても愛好者にとっても、とても便利で素敵な体験になります。

めちゃくちゃ乱暴だ!――VOOPOOアルファダブル電気本体使用経験

わたしは蒸気タバコ愛好者Vape豪と申します。始めまして、どうぞよろしくお願いします。今回、VOOPOO会社とGENEが提携して出来上がた新発売がかなり成功だといえる。本体が迅速に吸える多種類のGENEチップを搭載し、火を付けるのも早くて出力も乱暴な出力設備が消費者に愛好される。 本体が迅速に吸える取り柄が評価されるのはGENEチップだけの手柄ではなく、相当な性能価格比にも役割を果たす。最近、VOOPOO会社はα-Iと呼ばれる史上初のハイエンドモデルを発売する。国内にはアルファと呼ぶ。この乱暴で迅速なアルファGENEチップは皆さんに何かサプライズをもたらせるか。詳しくは以下のようだ。 アルファの本体はクラシックなデザインをもち、整ったボディーと力強いラインに好かれる硬骨派がおる。シルバーのアルファ印が黒いボディーでは目立った。金属製ボディーとはっきりとしたラインデザインがあり、視覚よりのショックが激しいのだといえる。 本体の頂部には510つなぎ目トレーは二つのネジで固め、耐用性があり、前と同じ、本体を瞬間に吸う六芒星ラインを採用し、美観でスプレーの底部とトレーの摩擦力を増し、ロックさせられない。トレー側のボディーはちょっと突出市、スプレーを取り付けた後に鳥渡りの役割を果たし、ボディーのすっきりとした風格を増加する。 本体底部には異なる提示標識があり、十字形のラジエーターが本体のチップには熱を発散させる。液体があるところに本商品を置かせると、液体はラジエーターより本体に入り、チップを損害する恐れがある。 バッテリキャップはアルミニウム合金で作られ、外装が陽級的に酸化され、それにスッキリしたラインデザインをもち、手触りが完璧だ。引き違いデザインでバッテリキャップを本体と繋ぎ、バッテリキャップの内側には、二つのかなりな磁鉄鉱を取り付けるため、バッテリキャップが緩むおそれがない。 アルファ本体の電池バッグが絶縁材料を使い、安全性も高いが、電池カバーが敗れると、早目にチェンジしてください。頂部の弾力接点が弾力あり、電池をいれると、固く固められる。電池に関わるリボンと引き違いデザインでアルファ本体がある電池を取り替えるのは一層便利になる。 ボディーの中側には依然として強いラインデザインをもち、それに「平らではない」感じをさせ、単調で平らなボディー中側になれるお客様はアルファ本体より相当激しい視覚衝撃を与えられる。三つボタンの面積も大きいし、側面から見れば、三つボタンはまるでピアノキーみたいで、押すと強い帰還とがガチャンとする声があり、「機械らしい」感じが溢れる。 GENEチップの便利な操作方式と使用経験を継続し、スプレーを取り付ける時、本体は新旧スプレーを確認でき、自動的にスプレー抵抗値に相応しい効率を提供し、三回ライトした後、本体はパワーと温度制御モードの間で自由で迅速に切り替えることができる。…