Monthly Archives: September, 2017

めちゃくちゃ乱暴だ!――VOOPOOアルファダブル電気本体使用経験

わたしは蒸気タバコ愛好者Vape豪と申します。始めまして、どうぞよろしくお願いします。今回、VOOPOO会社とGENEが提携して出来上がた新発売がかなり成功だといえる。本体が迅速に吸える多種類のGENEチップを搭載し、火を付けるのも早くて出力も乱暴な出力設備が消費者に愛好される。 本体が迅速に吸える取り柄が評価されるのはGENEチップだけの手柄ではなく、相当な性能価格比にも役割を果たす。最近、VOOPOO会社はα-Iと呼ばれる史上初のハイエンドモデルを発売する。国内にはアルファと呼ぶ。この乱暴で迅速なアルファGENEチップは皆さんに何かサプライズをもたらせるか。詳しくは以下のようだ。 アルファの本体はクラシックなデザインをもち、整ったボディーと力強いラインに好かれる硬骨派がおる。シルバーのアルファ印が黒いボディーでは目立った。金属製ボディーとはっきりとしたラインデザインがあり、視覚よりのショックが激しいのだといえる。 本体の頂部には510つなぎ目トレーは二つのネジで固め、耐用性があり、前と同じ、本体を瞬間に吸う六芒星ラインを採用し、美観でスプレーの底部とトレーの摩擦力を増し、ロックさせられない。トレー側のボディーはちょっと突出市、スプレーを取り付けた後に鳥渡りの役割を果たし、ボディーのすっきりとした風格を増加する。 本体底部には異なる提示標識があり、十字形のラジエーターが本体のチップには熱を発散させる。液体があるところに本商品を置かせると、液体はラジエーターより本体に入り、チップを損害する恐れがある。 バッテリキャップはアルミニウム合金で作られ、外装が陽級的に酸化され、それにスッキリしたラインデザインをもち、手触りが完璧だ。引き違いデザインでバッテリキャップを本体と繋ぎ、バッテリキャップの内側には、二つのかなりな磁鉄鉱を取り付けるため、バッテリキャップが緩むおそれがない。 アルファ本体の電池バッグが絶縁材料を使い、安全性も高いが、電池カバーが敗れると、早目にチェンジしてください。頂部の弾力接点が弾力あり、電池をいれると、固く固められる。電池に関わるリボンと引き違いデザインでアルファ本体がある電池を取り替えるのは一層便利になる。 ボディーの中側には依然として強いラインデザインをもち、それに「平らではない」感じをさせ、単調で平らなボディー中側になれるお客様はアルファ本体より相当激しい視覚衝撃を与えられる。三つボタンの面積も大きいし、側面から見れば、三つボタンはまるでピアノキーみたいで、押すと強い帰還とがガチャンとする声があり、「機械らしい」感じが溢れる。 GENEチップの便利な操作方式と使用経験を継続し、スプレーを取り付ける時、本体は新旧スプレーを確認でき、自動的にスプレー抵抗値に相応しい効率を提供し、三回ライトした後、本体はパワーと温度制御モードの間で自由で迅速に切り替えることができる。…

Eleaf iStick会社知恵棒100W開箱体験

蒸気バスの皆さん、私、豪潇洒、またここにみんなとお会える。今日は皆さんに2台18650電池100W効率調圧サーバーの開箱評価をお持ってあげます。このサーバーが市場に出る時間は詳しくないけで、たぶん評判が良い且つ世間に広く知られる知恵棒はみんなに耳に入るだろう。では私はみんなを案内してこの設備を紹介します。 白い箱の正面には設備の図案、規格、会社名などがある比較的にシンプル包装箱である。また背面にはサーバーのパラメーターと使用注意事項を含める山積みにした英語がある。そしてよくできる偽造防止は消費者の購買に安心感を与える。箱の中には黒いサーバーの以外紙箱で包装されたデータケーブル、EGOスイング継手、また英語、法語、ドイツ語、ロシア語の四つ言葉での一冊の説明書がある。でもなぜ中国語がないか、全然読まない。どうせアクセサリーはそれらの基本的なものか、コンドームがあるほうがいいのに。 サーバーを見てください。これは標準510の適応できる黄銅電極です。底部には充電電流と電圧の標注した充電口がある。机体の両側には放熱効果の良い且つ数量の多い放熱孔がある。この放熱機能もこの設備のセールスポイントだろう。ボタン押すの触感がまあまあ、跳返りの強弱はちょうどいい、でも点火キーを凹みに設計したほうがもっといいだろう。 電池のカバーは伝統的な磁力吸着式で設計している。開けるのは少し力が必要だが、日頃にぶらぶらしたことができない。実はこの設備を入手する前、私は直列電池の100W効率ボックスを本当に期待するが、まさかこの設備の電池方案は2台18650並列電池です。でも、このサーバーには一個の電池を入れても、正常に運行できる。 ここは電池知識を簡単に説明します。2台電池直列の電圧は二個の電池電圧の和に等しい 。もし二個の3.7V電池を直列すれば、電圧は7.4Vです。並列すれば、電池電圧はただ一個の電池電圧に等しい。さらにはご注意がある。2台18650電池の場合、同一のブランド型番の電池を使用しなければならない。特に2台18650直列の設備の場合、危険の起こさないようにしてください。 つもり、この設備は100W効率に達し出力しければ、高出力の動力電池のみを使用しなけれならない。 スクリーンのモニターと操作を見てください。スクリーンには電圧、電池容量、電気抵抗、効率の四つ部分の顕示がある。これは伝統的で、操作の上で説明することがない。アトマイザーが接しなければ、保護提示があるが、運行できない。ボタン押すの組合せを試してみければ、加減号を一緒に押すのみとボタン押すの機能がロックされます。ほかがない。当然、単なる調圧のサーバーから見れば、簡単な操作がよい方面で、プレイヤーにとって簡単に身に付ける。点火キーを押すと出力が少々遅れるが、使用に影響を及ばさない。2台18650電池に対して、私は14Wぐらいを口感トマイザーで三日間に使用すれば、まだ電があることから見れば、バッテリー持続時間がいいです。その原因はこの設備自身がほかの煩わしい操作とほかの機能がないです。 実はここまでそろそろ評価を終わるでしょう。でも本気の態度に基づいて、突っ込みます。Eleaf会社は私にとって本当に前から知ってします。まさか、このような小確率事件はいつも出くわす。510継ぎ口にはすべてのアトマイザーが底に捩じられない。もちろん私は手元にある常用な七つのアトマイザーでテストします。でも皆さんのご覧なように、そのねじるどころか、アトマイザーをインストールした後いつも傾く。それは私の設備が起こる個別問題か、普通な現象か知らない。…

複雑か簡単か人による VOOPOO DRAG本体評価

電子タバコ業界は近年の急速な成長(発展)に伴い、ユーザーの製品性能に対する要求がますます高くなってきた。2016年末から2017年の四月にかけて、各メーカーが製造した本体のチップは性能、効能ともに非常に進歩しており、筆者は電子タバコ本体のチップが飛躍的に進歩したことを体感した。また出力を向上する他、例えば、MP3、モバイルバッテリーなど色々な機能も作り出された。 今回紹介するのはトップの「Gene芯片グループ」VOOPOOにより製造されたDRAGの製品で、本体に搭載できるチップは性能・機能から見ても、とてもハイスペックなもので、また外観は人によりそれぞれである。 —梱包— 簡単にカートンで梱包して、上蓋には牛皮模様と箔押しのLOGOがある。底には製品リスト、警告情報及びホームページ等が記載されている。梱包を開けると、本体上蓋には航空用のスポンジが設置され、有効的に振動防止できることから、メーカーが心を込めて製造したことが分かる。 —外観— 本体は亜鉛合金で、塗装されてない。本体の左側には工字型の炭素繊維ワッペンがあり、右側には乾電池の蓋があり、DRAGの文字が刻まれていて、字の形状と左側の炭素繊維ワッペンがぴったり合っている。パネルとボタンの正面と裏に工字型の構造も見える、つまり本体の四面がよく見えるようデザインしたという、デザイナーの意図が分かる。ツヤツヤとした亜鉛合金には指紋が残りやすく、指紋採取の効果もある。 —パラメーター— 前と同じような本体公式のパラメーター: 1. 電圧:6.4~8.5…

1 2 3 4